事業概要
  1. HOME
  2. 事業概要

外国人技能実習生受入の事業概要

外国人技能実習生受入制度とは

Photo: イメージ

技能実習制度は、最長3年の期間において、技能実習生が雇用関係の下、日本の産業・職業上の技能等の修得・習熟をすることを内容とするものです。受け入れる方式は、企業単独型と団体監理型に大別されます。
当組合は、団体監理型となり、技能実習生は入国後に講習(日本語教育、技能実習生の法的保護に必要な講義など)を受けた後、実習実施機関との雇用関係の下で、実践的な技能等の修得を図ります。技能修得の成果が一定水準以上に達していると認められるなどして「技能実習2号」への変更許可を受けることにより、最長3年間の技能実習が行えます。

技能実習生受入れのメリット

Photo: イメージ

企業の国際協力・国際貢献

受入技能実習生は、日本の高度な技能・技術・知識を習得し、その修得したノウハウを帰国後に母国の産業発展などに生かしてもらうことは、受入企業にとっても国際協力・国際貢献につながります。

企業の活性化

受入実習生は、若く前向きで自身の向上心に満ち溢れていますので、受入企業にとっても社内の活性化につながります。また、実習生と企業のスタッフ方が接することで国際交流を深め、相互の発展に期待できます。

企業の国際ビジネスへの展開

実習期間中に築いた実習生と受入企業の人現関係や、相互の母国情報を活用し、国際ビジネスへ役立てていくこともできます。

ジョイント協同組合監理体制

Photo: イメージ

厳選した送出し機関
現地送出し機関との連携により優秀な人材を確保
受入れ体制
専門業種用語や日本語教育
監理指導体制
各種書類作成および申請
安心サポート
24時間安心サポート
生活管理指導
定期的な訪問、生活面・健康面の指導相談

»監理体制を詳しく見る


ジョイント協同組合
Joint Cooperatives

〒341-0056
埼玉県三郷市番匠免2-24(MAP
TEL: 048-948-8959
FAX: 048-948-8975

[許認可]
関東経済産業局 関産認第2237号
関東地方整備局 国関整建一産第84号

PAGE TOP