1. HOME
  2. お知らせ

お知らせ

第5回 ジョイント協同組合 通常総会 (2017/08/23)

平成29年8月19日(土)東京都港区新橋にて『第5回 ジョイント協同組合 通常総会』が執り行われました。

事業報告から、今年1月から「組合員のためにする通訳・翻訳に関する事業」を開始したこと、共同購買事業においては既存の消耗品に加え、作業服や工具等の取り扱いを始めたこと、そして今年11月1日に「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(通称:技能実習法)」が施行されることから、事務局体制の強化を図り、組合員数も前年度比+14社の61社、職員数は+2名の10名となり、職員に関しては事業拡大に伴い今後も増やしていく予定であることを報告しました。

その後11月1日からの『技能実習法』及び『外国人建設就労者』についての講話があり、当組合の今後の方針についての説明をして無事通常総会は閉幕致しました。
IMG_1717
IMG_1723
IMG_1728


2017年 今年最初の外国人技能実習生面接試験 (2017/02/16)

今年最初の面接試験実施企業様は、沖縄県石垣市からお越しいただいた、新規組合員2社様です。沖縄県では合計9社様となり石垣市では4社様となります。

石垣市は日本最南端・最西端に位置する市で、沖縄本島(那覇市)から離れること約410㎞、目と鼻の先はもう隣国台湾です。八重山諸島が並ぶこの地域は、気候も温暖で真冬の平均気温も16℃を下回ることがないので、ベトナムから来る実習生も過ごしやすいと思います。

沖縄県はその昔「琉球王国(1429年~1879年)」として中継貿易で栄えた時代に、交易範囲は東南アジアまで及び、南方文化の影響も受けた独自の文化を築き上げています。

ベトナムのリゾート地で夜のランタンが幻想的な「ホイアン」に、1593年に日本人が建造したとされる「来遠橋」がありますが、この時すでにベトナムと沖縄の交流が始まっていたのかも知れません。

今回はとび職3名、鉄筋工3名の採用で、9月12日の入国予定となっています。
初めての日本での生活になりますが、気候も文化も似ているところがあると思いますので、思う存分に技能を習得してください。


11月度最後の技能実習生面接 (2016/12/15)

クリスマス・ムードが高まるなか、先日ベトナムのハノイで11月最後の外国人技能実習生の面接をおこないました。今回は4社様(とび、溶接)から11名のご採用です。

11月度は8社様23名 職種はとびをはじめ多岐にわたり、溶接、鉄筋、コンクリート圧送の技能実習生をご採用いただきました。いずれの受け入れ企業様も、2期生3期生のご採用で、現在現場で活躍中の実習生達の後輩になります。

この冬、今年入国した実習生は初めて日本の冬を体験することになります。既に寒くなっていますが、体調など崩すことなく頑張って頂きたいと願います。

外国人技能実習生のご採用でご質問・ご相談等ございましたら、当組合までご連絡ください。


11月度 技能実習生面接 (2016/11/17)

二日間に亘り11月度の外国人技能実習生面接を、職種 とび・左官・塗装の5社様により13名の実習生をご採用頂きました。今回の組員様は、いずれも2期生、3期生の募集になりますので、後輩たちの採用試験です。

11月 ベトナム北部に位置する「ハノイ」の気候は、日本でいう「秋」の盛りです。クリスマスシーズンは、雪こそ降りませんが冬の寒さが訪れます。冬のベトナムに行く機会がありましたら、ベトナムの寒さを体感するのも良いかもせれません。

外国人技能実習生の件で、ご質問等ございましたら当組合までご連絡下さい。


10月度 外国人技能実習生面接 ≪第二弾≫ (2016/10/11)

10月9日(日) 今月2回目の外国人技能実習生の実技・面接試験をベトナム・ハノイで行いました。今回は新規の組合員様1社を含む3社(鳶1社・防水2社)様の実技・面接試験になります。

試験に挑む技能実習候補生たちは、選りすぐれた受験生です。組合員様も選抜するにあたっては、甲乙つけがたく悩みに悩んで選び抜いた候補生なので、きっと期待に応えてくれることと信じています。

今月はあと3回の面接を予定しています。外国人技能実習生受入れの具体的内容につきまして、ご質問等ございましたら当組合にお問い合わせください。ご連絡お待ちしております。


10月度 外国人技能実習生面接 ≪第一弾≫ (2016/10/07)

10月は各週に亘り面接を予定しています。4日はその第一弾として、(有)小岸興業様から、職種:とび、募集人数:3名の実技試験と面接を行いました。今月は新規加入の組合員様2社を含む合計10社、募集人数合計26名を予定しています。

職種も鳶をはじめとして、防水、鉄筋、溶接、コンクリート圧送と多岐にわたり、9日3社、14日1社、20日2社、27日3社と、おかげ様で多くの組合員様にご愛顧いただいております。来月も9社の組合員様が面接を予定していて、来年の3月度のご予約も既に数社様から頂いております。

外国人技能実習生は、面接後に即日入国できるわけではなく、6~7ヶ月間のベトナムでの入国準備研修期間と入国後1ヶ月間の「研修期間」が設けられています。よって、実際の配属は面接後、約8ヶ月後となります。

受入れ計画もタイムテーブルに沿った形でたてる必要があります。詳しくは当組合にご相談ください。御社にマッチしたプランをご提案させて頂きます。


外国人技能実習生面接 (2016/09/26)

9月度の外国人技能実習生の面接は、新規組合員様1社を含む2社様で執り行われました。共に職種はとびで埼玉県からの面接会参加でした。

建設関係を取り扱う当組合では、とび・防水・塗装の他、鉄筋、溶接、左官等、新規組合員様の増加と共に職種も増えてきております。既に10月度は6社の面接予定と複数社が調整に入っており、職種も多岐にわたっております。

とびに限らず外国人技能実習生のことでご相談事がございましたら、遠慮なく当組合までご連絡下さい。


外国人技能実習生採用面接 in VIETNAM (2016/08/23)

平成25年6月の設立から、早いもので4年目を迎えました。外国人技能実習生の需要は尽きることなく、毎年数多くの受入れのお手伝いをさせて頂いております。組合員数も毎年順調に増え続け、先期は前年度比15社増の47社(6月末現在)となりました。

今月の採用面接に参加された組合員様は2社(共に埼玉県・とび・7月1日加入)で、外国人技能実習生の受入れは今回が初めてになります。

面接当日は各組員様に9名の候補者が試験に臨み各3名の採用内定をいただき、年明けの来日に向けて更なる日本語、鳶の技能を磨き上げることとなりました。

受入れが初めての組合員様なので、手続きから管理、コミュニケーションと心配事が尽きないと思います。そこは当組合が全力でサポートさせて頂きます。

当組合がかかわった実習生は現在153名入国していて、24名の実習生が日本への入国を待っています。外国人実習生の受入れを、ご検討中の方は是非当組合にお問合せ下さい。


ジョイント協同組合 第4回通常総会 (2016/08/22)

平成28年8月20日(土)ジョイント協同組合は、第4回通常総会を港区新橋にて執り行いました。総会では各議案事項の審議と、事務局からは「外国人技能実習生の現状報告」「ジョイント協同組合の方針」「外国人技能実習制度の見直しについて」の報告がありました

「外国人技能実習生の現状報告」では、受入れ状況、当局からの追加要求と対応、トラブルの報告があり、対応策となる「ジョイント協同組合の方針」を掲げ、各組合員様のご協力をお願い致しました。

「外国人技能実習制度の見直しについて」は今年の4月6日より衆議院法務委員会において審議された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律案」は、6月1日の国会閉会にともない時間切れとなり、早期可決を望まれながらも引き続き審議されることとなりました。

技能実習制度が見直された場合の注意点や新制度の仕組みを説明し、来るべき日に備えていただくよう組合員の方々にお願いをして、第4回通常総会は閉会いたしました。


外国人技能実習生面接 (2016/04/11)

4月7日(木)ハノイにて外国人技能実習生候補者の実技試験、面接試験が行われました。愛媛県から鳶と鉄筋工事の2組合員様にご参加いただき、15名の候補者の中から絞り込みました。今回は新規組合員様と昨年に続き2回目の組合員様で、合計4名の実習生が選ばれました。

 

昨年3名の実習生を受け入れた組合員様は、3名とも日本での生活にも慣れ、日本語学習も前向きで、仕事を真面目にこなしていると評判も良く、今回も期待しているとの事でした。

 

選ばれた4名の方々、おめでとうございます。本番はこれからです、しっかりと日本で技術を身に着けてください。また、今回はご縁が無く選考に漏れた面接希望者の方々、諦めることなく再度挑戦して、是非日本に来てください。お待ちしております。

 

外国人技能実習生の件で、ご質問等がございましたら遠慮なく当組合までご連絡ください。

 


1 / 612345...最後 »

ジョイント協同組合
Joint Cooperatives

〒341-0056
埼玉県三郷市番匠免2-24(MAP
TEL: 048-948-8959
FAX: 048-948-8975

[許認可]
関東経済産業局 関産認第2237号
関東地方整備局 国関整建一産第84号

PAGE TOP
a